資格の国 簿記検定資格ガイド

仙台初詣合格祈願 資格の国


仙台初詣合格祈願 簿記検定ガイド

 簿記とは、現金の収支や決済、物品の輸入、商品の仕入れや販売、債権や債務の発生等を記録・表現するものである。これにより、会社の経営状態や財政状況を明らかにできる。この簿記の資格を有することは、レベルの高い級になるほど、記帳の技術だけでなく、経営管理等の能力があることの証明にもなる。また、簿記検定合格を1つのステップとして、このガイドでも掲載している税理士資格の取得を目指すものも多い。簿記の学習が、税理士試験で必須の「簿記論」や「財務諸表論」の基礎となるからである。

受験資格 特になし
受験料 ◇1級 7,140円 ◇2級 4,080円 ◇3級 1,530円
主催者 日本商工会議所業務課
 150-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2 東商ビル
 03-3272-8600(ハローダイヤル)
http://www.cin.or.jp/exam/exam.htm
問合わせ先 受験に関するお問い合わせは 最寄の商工会議所まで

11年度 受験者数 合格者数 合格率
11月・1級 19017 1773 9.3%
 2級 61722 31875 51.6%
 3級 87609 41232 47.1%
6月・1級 15181 2079 13.7%
 2級 49380 16040 32.5%
 3級 85879 57665 67.1%
科目名 配点
1 4級 商業簿記 100
2 3級 商業簿記 100
3 2級 商業簿記 60
4 工業簿記 40
5 1級 商業簿記 25
6  会計学 25
7 工業簿記 25
8 原価計算 25

 70点以上

 簿記においては、記載事項の統一的なルールや計算のルールを
徹底的に理解することが必要である。
それには、学んだことをすぐに問題演習(特に過去に出題された問題の演習)という形で
実践することが大切である。
3級は短期間の学習でも比較的容易に取得できるレベルなので、
まず3級から始めて序々に難易度の高い級の取得を目指すべきである。
問題集等の教材も多く、独学も可能であるが、
専門教育機関等で勉強すれば、これをさらに早めることができる。
1級では、商業簿記と会計学でいかに失点を少なくするかがポイントとなる。
工業簿記と原価計算は、過去の出題問題を中心に勉強していくべきである。

次ページ簿記検定について