資格の国 インテリアコーディネーターとは

仙台初詣合格祈願 資格の国


仙台初詣合格祈願 インテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターとは?

 住居に関して今のユーザーの求めるレベルは高く、個人のライフスタイルや趣味に合わせた「自分らしい生活空間」を求めるようになってきています。そのため、インテリアコーディネータは消費者のニーズの流れを的確に読み取り、新しい生活様式を提案する能力が要求されます。インテリア商品や建築に関する、幅広い知識と表現力をフルに活用できること。顧客の生活様式や容貌に合わせてトータルな住環境作りを手助けできること。現場管理や見積もりに関する能力があること、などなど。インテリアコーディネータと一口で言っても、実に様様な仕事を請け負わなければなりません。さらに人と接する仕事の常として、協調性や交渉力も不可欠といえます。営業マン、建築士、現場監督、そして最も大切な施主。これらの人々の様様な要望や利害を調整して、家を快適に住める形にまで持っていく。このこともインテリアコーディネーターの大切な役割です。このように、見た目のイメージよりも実はハードなインテリアコーディネータの仕事。
お客様に満足していただけたときの喜びは格別といえます。あらたなライフスタイルを提案でき、施主からは感謝され、さらにフリーになればそれなりの高収入も得られるヤリガイあふれた資格の仕事です。


インテリアコーディネータの
活躍の場


  住宅の内装や間取りの調整を行い、顧客の生活様式や要望にあわせてトータルな住環境作りを手助けすること。簡単にいえば、壁紙やドア・照明・キッチン・バスなど、多種に渡るインテリア商品の知識をもち、お客様に適切なアドバイスをすることがインテリアコーディネータの主な仕事です。
活躍の幅はこんなに広い

インテリアメーカー、百貨店、インテリアショールーム、住宅・リフォームメーカー、内装設計・施工会社など、活躍の場は幅広く、資格手当てなど給与面で考慮されることもあります。また、派遣業務としても新たに認可を受けましたので、今後もその活躍の場がさらに広がることは間違いありません。フリーとして企業内で経験を積み重ね実力をつけていけば、その評価をてこに独立することも可能です。

ここ数年、仕事で培った人脈を生かして、フリーとして活躍する人もだいぶ増えてきました。これからは自己の能力を向上させ、社会の認知度やユーザーからの信用をさらに高めることが求められています。


日本でも注目度が上昇中!

 最近の景気低迷で、新築住宅の着工件数は下がっていますが、その分リフォームや質の高い住宅設備に対する需要は高くなっています。また、家庭生活を重視する最近の風潮から、消費者の住まいに対する意識は、むしろ高まっているといえます。そんな消費者の立場にたって、自らの感性を反映させつつ、機能的でお客様の立場にたったバランスの取れた住空間を提案し実現させる。そんなインテリアコーディネータの仕事は、自らの最良範囲が広く、いわゆるスペシャリストとして認知されています。例えば住まいの先進国であるアメリカなどの場合、建設費用の3%程度がインテリアコーディネータの取り分とされています。また施主の方も、建築とインテリアは各々専門家に発注するのが通常です。


インテリアコーディネータ
仕事の流れ

 例:一戸建て住宅の新築

営業活動
住宅メーカーなどでは専門の営業マンが行うのが一般的ですが
インテリアの商品説明などを求められたときには、営業マンに同行します
インテリアコーディネータ1年生は、住宅展示場などの営業から
経験をつんでステップアップしていくこともあります。

受注→ コンサルティング
お客様が何を要望しているか聞き出し、把握します。
お客様が漠然と抱いている住まいへの要望を
家族構成やライフスタイル、趣味や思考などを知ることで
具体的なものに落とし込み、異なる意見を調整していきます。

プランニング
お客様の要望に沿って、フロアプラン、ルームプラン、ライティングプラン、
設備プランなどを企画します。
提案商品は2〜3つくらい用意し、
図面やカタログ写真などを張り込んだプレゼンテーションボードや
サンプルを用意します。
インテリアコーディネータとして、最も腕を振るえる仕事といえます。

プレゼンテーション
プレゼンテーションボードをもとに、企画案の説明をして
お客様に決定していただきます。
この段階でお客様とショールームに行って実物を見ながら商品決めを
することもあります。
商品は一回で全てのものを決めるのではなく、
まずは建具、次に内装材や設備機器、照明など、
工事の進行状況によって必要なエレメントを決めていくのが一般的です。

契約→ 商品受注・現場管理
決定した商品を各業者に発注します。
納品日や施工日にはできるだけ現場に立ち会って、
発注どおりのものが届いているか、正しく取り付けられているかを
管理監督します。

アフターケア
家は試用ができない商品です。お客様の希望どおりのものを設置しても
実際に住んでみて不都合が見つかる場合もあります。
入居後のお客様の相談相手になることも重要な仕事です。

次ページインテリアコーディネーター試験ガイド